『あの日から…そしてこれから』が各紙で紹介

3月11日に刊行した『あの日から…そしてこれから』がNHKのニュースで取り上げられたほか、各紙で紹介されています。製作に尽力した女性史家の米田佐代子さんのブログで紹介しています。

 

カテゴリー: 出版後あれこれ | コメントをどうぞ

6年目の3・11に

3月11日がやってきました。テレビや新聞にはどっと震災関係の特集があふれていますが、8月の戦争特集でも思うのですが、なぜ通年で普遍的テーマとして扱えないのか、メディアの健忘症体質には疑問を感じてしまいます。

ところで、私(戸倉書院代表)にとって、今年の3・11は特別な日になりました。空き家だった新潟県の生家を売却することになり、買ってくださる方が、福島県いわき市から自主避難されてきたご家族なのです。福島の被災者に何もできてこなかった私にとっては、このご縁で結ばれた家族に実家を使っていただけることに望外の喜びを感じています。最近、故あって短歌をつくり始めたのですが、昨年「実家売却」と題してつくったいくつかの歌のなかから2首をここに記して、3・11を記念したいと思います。

福島を出でてこの地にたどり着きし若き家族にこの家を託す

年ごとに学校替わりし二人子よ山見ゆるここで羽根を休めよ

カテゴリー: 日々のつれづれ | コメントをどうぞ

裾野まで富士

3月9日、河口湖に行ってきました。春の天気に移る前に富士山を近くで見ておきたかったのです。この日は朝から快晴で、中央道を大月から富士吉田方面に向かうと、目の前に巨大な富士が現れてびっくりします。午前10時ころに河口湖に到着したときには、わずかに雲が出ていましたが、真っ青な湖の上に青空が広がり、突き刺すように富士の全容が裾野までくっきり見えました。写真は大石公園から。午後も天気がよく、雲に隠れることはありませんでした。IMG_0880

カテゴリー: 日々のつれづれ | コメントをどうぞ

『あの日から…そしてこれから』を刊行

もうすぐ6年目の3・11がやってきます。岩手県大船渡市の轆轤(ろくろ)石仮設住宅の開設から閉鎖までの思い出をつづった『あの日から…そしてこれから』を刊行いたしました。元轆轤石仮設住宅住民有志・元ろくろ石地域公民館・猪川地区公民館編。

壁が薄く隣りの会話が筒抜けの悩み、沈みがちな生活に潤いをもたらした交流会「お茶っこ」、ボランティアや支援員のサポート、借地していた猪川小学校の生徒との心の触れ合いなどを住民が振り返ります。

A5判並製、54ページ、頒価500円
一般書店では流通しておりませんので、お問い合わせは下記まで。

猪川地区公民館
〒022-0004 岩手県大船渡市猪川町字下権現堂8-11 電話 0192-26-3465
%e8%a1%a8%e7%b4%99%e6%9c%80%e7%b5%82%e7%89%8817-2

カテゴリー: 自費出版 | コメントをどうぞ

春よ来い

全国的には雪模様で、ご不自由なさっている方がたにはお見舞い申し上げます。東京は今日は20度を超え、なんだか申し訳ないような陽気でした。
思い立って春の寄せ植えをつくりました。奧のマーガレットのような紫と白の花は名前がわかりません。中央のピンクと右の白は桜草、左のピンクと白はプリムラ、手前の白い小花はスイートアリッサムです。早く春が来るといいですね。
%e5%af%84%e3%81%9b%e6%a4%8d%e3%81%88

カテゴリー: 日々のつれづれ | コメントをどうぞ

冬は柚子仕事

たくさん柚子をいただいたので、柚子シロップをつけ込みました。これまでは柚子酒をつくっていたのですが、シロップにしておけばお酒や炭酸水で割って好きな飲み物がつくれるのでいいかなと思って。夏の柚子氷もいいですね。
柚子は総量5キロくらいありました。半分に切り、果肉を取り出し絞ります。果汁と皮、砂糖、それに焼酎ほんのちょっとを保存ビンにいれました。毎日よく振って砂糖を馴染ませ、半月で皮を取り出します。1カ月くらいしたら完成です。喜界が島の茶色の砂糖を使ったら、全体が茶色になってしまいました。でもこのお砂糖はとても美味しいので、どんなシロップになるか楽しみです。
image1

カテゴリー: 日々のつれづれ | コメントをどうぞ

稀勢の里関初優勝おめでとう

大相撲初場所14日目の今日、大関稀勢の里関が初優勝を決めました。おめでとうございます。本ブログでも稀勢の里関についてはたびたび取り上げてきましたが、そのたびに多くの方にアクセスしていただき、関心の高さをうかがわせていました。

稀勢の里関はここ数場所は10勝以上の好成績を上げて優勝争いに最後まで残り、「横綱相撲」と呼ばれる取り組みを見せてきましたから、当然の結果でしょうね。遅かったくらいです。少し前までは白鵬の一人勝ち状態が続き、白鵬のほかに優勝するとすれば日馬富士と鶴竜の二横綱、大関照ノ富士でした。ところが昨年の初場所での琴奨菊、九月場所での豪栄道と、それまで振るわなかった大関の優勝が続き、稀勢の里関への優勝の期待はますます高まっていました。以前はプレッシャーに負けて優勝争いから最後には脱落していましたが、今場所では盤石の相撲で最後までトップを走り、今日逸ノ城を破り、白鵬が敗けたため、優勝を手にしたのでした。明日の千秋楽で白鵬を破って優勝に花を添えれば、来場所以降の横綱への夢も夢ではなくなるかも知れません。

それにしても、今日初顔合わせで白鵬に勝った貴ノ岩はすごい。モンゴル出身、鳥取県城北高校への相撲留学組で、貴乃花部屋の出世頭です。若いのに堂々たる風格で、将来の活躍を期待させる力士ですね。

カテゴリー: 日々のつれづれ | コメントをどうぞ